ページトップへ

地方独立行政法人 りんくう総合医療センター 大阪府泉州救命救急センター 救命診療科 後期研修医募集

特徴

当センターは関西国際空港の対岸に位置し、大阪府南部二次医療圏(人口90万人)にある救命救急センターです。 ER型ではなく自己完結独立型の救命センターで、様々な急性期病態の診療を研修するのに適しています。 特に全国有数の重症外傷診療機関でありJATEC (Japan Advanced Trauma Evaluation and Care) 開発の中心的役割も果たしました。

研修制度も充実しており、常に各種専門医の指導のもとに診療に携わることができます。 重症病態の診療に興味のある方は、ぜひ当センターへお越しください。

当センターには、以下の特徴があります。

  • 三次救急のみに対応する自己完結独立型救命救急センター
  • 重症外傷診療については、全国屈指の環境と実績
  • 地域の救急医療における「最後の砦」としての機能
  • 「外傷外科手術治療戦略コース」(SSTTコース)の開催と優先参加
  • 災害拠点病院として各種災害対応

研修の目標

  1. 重症外傷患者をはじめ緊急を要する病態や疾病に対して、適切な初期診療および根治治療選択の判断ができる。
  2. 多岐にわたる急性期外科手技の修得
  3. 外傷初期診療および手術治療手技の修得
  4. 重症患者に対する集中治療に必要な知識と技術の修得
  5. 災害訓練などを通し災害医療の基礎を身に着ける。
  6. 救急医療に関する調査、研究に積極的に参加する。
  7. 救急各種サブスペシャリテイコースの修得

救急科専門研修プログラム

詳しくは救急科専門研修プログラムをご覧ください。